架橋明日 (ミライ) は中学の卒業式の日にビルから飛び降りて
自殺しようとした。が、そこを天使のナッセが助けた。ナッセは
明日を神候補に選んだと言い、翼と赤の矢と白の矢を与えた。
13 人の神候補から神を選ぶ、神選びのサバイバルが始まった。

原作/大場つぐみ、漫画/小畑健のデスノートコンビによる
タークファンタジー。ジャンプ SQ 連載のコミックのアニメです。
話の前半はゼフラックという無料マンガサイトで読めましたが、
後半は課金しないと読めなかったので、アニメで補完できました。

裕福な家庭で優しい両親と弟に囲まれて幸せだった明日ですが、
叔母夫婦に車を細工され、明日以外の家族全員事故死しました。
明日は父の財産を狙って明日を引き取った叔母一家に虐待され、
学校ではいじめられていました。自殺しても無理もありません。

明日が好きだった幼馴染の花籠咲も神候補でした。
咲は明日が飛び降りる瞬間を目撃してしまい、明日を庇えずに
いじめに加担しててた罪悪感で入水しようとしていました。
神候補には、死のうとした人が選ばれるようです。
随分悲壮感漂うカップルで、二人して暗い表情が多かったです。

赤の矢は 33 日間自分を好きにさせ、白の矢は人を即死させる。
赤の矢は人を言いなりにできるので、悪い事はやりたい放題です。
アイドルを侍らしてた芸人は分かりやすい下劣さだったけど、
タダで住む所を確保する明日と咲も客観的に結構悪いです。

付いている天使のグレードによって、神候補が貰えるアイテムの
数は減ります。ナッセは特級天使なので明日は 3 つの
アイテムを全て貰えましたが、1 級天使は翼と赤の矢の 2 つ、
咲に付いている天使ルベルは翼か赤の矢どちらかだけの
2 級天使なので、咲が持つアイテムは赤の矢一つだけです。

天使によって性格の違いと特性があり、神候補との関係も様々。
ナッセはとにかく明日の事が大好きな “純真無垢の天使”。
ルベルはクールで策士な “悪知恵の天使” だったけど、
咲の為に努力を惜しまず、 1 級天使に格上げされました。
咲を大切に思う気持ちが強くなって行ったのが見て取れました。

前半の山場はメトロポリマンというヒーローのコスプレをした
金持ち美少年 (設定だけどそう見えない) 高校生、
生流奏(うりゅう かなで)。特級天使付き同士の対決です。

人殺し大好きで、絶対殺さない主義の明日とは対極の存在です。
加えてシスコン・・・を超えて妹に恋愛感情を抱いていそう。
神になろうとしているのは死んだ妹を生き返らせる為らしい。

色々歪んだ奴で、シリアルキラーを集めて赤の矢で仲間にし、
深夜だからちょっとエロいシーンも原作のままやっていました。
しかしどうやって見つけたんだよ、そういう人材を。
そんな奴でも友達がいて、その友達がいい奴なのが不思議です。

神候補全員を殺そうとしているメトロポリマンに対峙するには
仲間が必要。末期がんの妊娠中の妻と娘がいる六階堂
仲間になり、咲と明日をサポートしてくれました。

無理がある設定ですが、六階堂はアパレルに勤めてるとかで
ポリマンを真似て明日と咲にも特殊な強度のヒーロースーツを
作ってきてくれました。自衛隊から武器も奪ってきました。
六階堂はおっさんなんだけど、絶対作者が好きなキャラですね。

ホリマンが脱落すると、小学生の結糸 向(ゆいと ススム)が
前面に出てきました。ネットに詳しいらしく、ポリマンと明日の
決闘を生中継したけど、警察すら発信元を特定できないという、
何でそんな IT スキルを !? 背景の説明は何もありませんでした。
しっかし名字までキラキラな変な名字ばっかりだな。

向が神選びと矢の能力を TV の前で全て明かしてしまったので、
神候補は日本の警察の監視下に置かれ、世界からは
兵器としての利用を念頭に狙われるようになります。

お馴染みさくら TV がここでも大活躍していました。
これって、デスノやバクマンと同じ世界線の設定?
神候補が SNS で晒されたり中傷されたり、現実にあったら
こういう事になるだろうなという生々しい展開になりました。

警察も神候補を探していて、明日と咲に接触してきました。
エリート警官カップルが残りの神候補探しに協力してくれ、
不審な変化があった人物は警察が既にマークしていました。

一人は家族が連続して死んだ中学生中海。もう一人は
SNS で急にセレブ生活をアピールし始めた女性手毬
手毬は警察に軟禁されていましたが、脱出して明日達と合流。

残る神候補は後一人。話し合いで決めようと、
明日、咲、尚、中海、手毬の 5 人で、姿を現してくれと
TV の前で呼びかました。最後の神候補として登場したのが、
若くしてノーベル賞受賞、且つ国民栄誉賞授賞という、
また極端な設定の科学者、米田我工 (がく) でした。

この声が、イメージぴったり!別のアニメで聞いても、
あ、米田我工の声だと思ってしまうくらい。
米田は人と関わるのを避けてきた偏屈な男で、米田信者の中海は
米田に付いて行き敵に回りました。米田もポリマンと変わらず
人殺しを厭わない男で、明日はまたそういう男と対決する羽目に。

米田は科学者なので、神候補になりながらも神の存在を否定し、
神とは人の心が作り出した「クリーチャー」だと呼びます。
神が人を作ったのか、人の信じる心が神を生んだのかという
鶏と卵の問題で、考えさせられる哲学的な部分がありました。

翼と矢は天使以外の人にも譲渡可能だったり、神候補が死ぬと
別の候補がアイテムを受け取れたり、赤を刺されている人には
もう別の人は赤をさせないなど、細かい設定がありました。
理屈っぽい赤と白の駆け引きも、さすがデスノコンビです。

「明日」と書いて「ミライ」と読ませるキラキラネームにしたり、
ナッセが「忘れてた!」って後付け設定出してきたり、
アニメの CM 明けに天使の矢の説明が表示されたりするのも、
デスノートの CM 明けのルール説明を思わせました。

神が決まった後の展開は、予想し得ないえない驚きの展開でした。
この結末、気持ちいいものじゃないなぁ。
デスノと言い、大場先生はシニカルな世界観を持ってますね。
原作と同様、絵が美しいのは勿論、オープニングも
エンディングも神や天使の話らしく、荘厳なものでした。