プライベートが結構謎だった冠城亘にお姉さんが登場。
杉下右京はまた一人、国会議員に敵を作りました。
恒例元日スペシャル。サブタイトルは二人
子供の貧困や格差社会、友情をテーマとして取り上げていました。

湊健雄と名乗る記憶喪失の老人が教会で保護された。
老人は湊健雄という名前とデイリーハピネスという言葉しか
思い出せないという。教会のボランティアをしている冠城由梨は、
弟の亘と相棒の右京に、湊の身元を探してくれるよう依頼した。

湊を発見したのは小学生のだった。
二人は公園で失くした新のスマホを探しているところだったが、
その時聡は男が言い争う動画をスマホで撮影していた。
それを男に咎められていると、丁度落ちていた新のスマホが鳴り、
新のスマホは拾われて、男に持ち去られてしまった。

新は聡が撮った動画を IT に詳しい知り合いの遠藤
に調べて貰った。間もなく遠藤は死体で発見された。
新と湊は新のスマホを奪った男に誘拐され監禁された。
その男とは、与党政調会長の袴田の秘書、結城だった。

一番の注目は、亘の姉の由梨の登場ですね。演じるのは
飯島直子さん。亘は「わーくん」と呼ばれているらしい。
右京への自己紹介は「わーくんのお姉さんです」可愛い人です。
名前が “冠城” 由梨で、実家に一人で住んでいるので、
独身で両親は亡くなっているか施設、外国にいるかでしょうか。

湊さんは最初はちょっと偉そうにしていて、かなり地位の高い
人物であろうと思われました。しかし、生活安全課の
角田課長はマル暴関係で湊健雄という名前に
聞き覚えがあると言います。湊さんは何者?謎が深まります。

新の祖母と楽しそうに話す様子は、うっかりすると新の祖母と
恋が芽生えそうな雰囲気でした。一緒に誘拐された新を
気遣う様子からも、心根はいい人そう。イッセー尾形さんの
細かい面白い芝居が効いて、楽しいキャラになっていました。

特命係の二人は、湊が覚えていた “デイリーハピネス” を
手掛かりに湊の身元を探ります。デイリーハピネスは
キオスク的な店舗で、親会社のキャピタル鉄道に行くと、
本社前では非正規従業員の待遇改善を要求する
シュプレヒコールが繰り広げられていました。裁判中らしい。

やがて腕に ∞ のタトゥーを入れた死体が発見されます。
麗音は無限大のマークと言ってるのに伊丹は「数字の 8」と
言い張る。特命の二人は子供達から遠藤がそういうタトゥーを
入れていると聞いていたので、それが遠藤だと判りました。
子供達は遠藤を「まめさん」と読んでたけど、
えんどう豆から来てるんだね。ありがちな仇名です。

角田課長が “湊健雄” が誰かを思い出したお陰で、
湊さんの正体が判明しました。名前は嘘を教えられていただけで、
実は若槻正隆という最高裁判所判事でした。
湊さんが湊さんじゃなかったとは驚きでした。

新は秘書の結城に車で連れ去られます。それは聡に見られていて、
車のナンバーも覚えられていました。偽装もせずに
普段仕事で使っている車で誘拐するとは、浅はかですね。

捜査本部に急にがリモートで登場したのは
どういう仕組みなんだ。ハッキング?内閣情報調査室でずっと
盗聴してたのか?ここは笑わせに来てるのかと思いました。

袴田が黒幕と見抜いている右京は、袴田を罠に掛ける
シナリオを考案。特命係と捜一、サイバー捜査官のは、
内村刑事部長にそれを報告に行きます。すると内村、
「正義の為に思う存分やれ」

至極真っ当な事を言っているだけなのにこの人が言うと面白い。
過去のシリーズからずっと見てきてる人じゃないと
これが面白い事は分かんないよね。いずれ元に戻りそうだけど。
しかし当たり前のように特命が参加しても誰も文句言わないな。

右京が描いたシナリオ通りに、新と若槻を監禁している
結城の電話と、捜査本部に呼んだ袴田の電話が繋がります。
“若槻は死人” 発言を引き出した右京さんの誘導尋問、
それを聞いた右京さんの嬉しそうーなニヤニヤ顔!
そして袴田に説教。この長い誘導尋問は上手かったです。

聡の母親は息子に貧乏で親がいない新と遊んではいけないと
命じていました。でも聡は新を救いたくて一生懸命でした。
いい子たちだ。若槻と新の心の交流も暖かかったです。
でも、聡の母親は、今時そんな親いるかなと不自然でした。
子供達の友情を表現する為の無理矢理の設定に見えました。