COOL LADY’S PARADE

人生はレビューです。
マンガ、本、LIVE、テレビ、DVD、CD など、色んなものをレビューします。
タイトルは、 “COOL LADY’S PARADE”。
JUNK な文章なので、お気軽に読んで行って下さい。

テレビ東京「午後のロードショー マーキュリー・ライジング」

アート・ジェフリーズは囮捜査専門の刑事だったが、
銀行強盗の一味に潜入したところ、失敗して現場から外され、
盗聴や監視カメラの分析を担う裏方に回されていた。

自閉症の子供サイモンが雑誌のパズルを解いて出た電話番号に
電話すると、そこは国家の機密情報を扱う組織だった。
そのパズルを解いたという事は、絶対に破れない暗号として
軍が利用しているアメリカ国家安全保障局 NSA の
暗号システム “マーキュリー” が破られた事を意味した。

サイモンの家を訪れた男がサイモンの両親を殺した。
警察は両親が心中し子供が行方不明になっている事件として
捜査を始めた。その家に子供を探す任務に来たアートは、
手元で操作する機械音に合わせ、声が聞こえるのに気付いた。

機転を利かせたサイモンは、自分の部屋の棚の奥に隠れていた。
アートは狙われていたのはサイモンだったと感付いた。
アートはサイモンを連れ、二人で逃走を開始する。

絶対一度見たと思うんだけど、レビューをほ書いていなかったのと
面白かった記憶があったので、再び録画して見ました。
やはり面白かった。ブルース・ウイリス主演、’98 年米映画です。

超能力レベルの直観力でサイモンは淡々とパズルを解きます。
サイモンはサヴァン症候群という事でしょうね。
特定の分野に秀でているタイプの自閉症です。

目を合わせられない、体を触られると極度に嫌がるという特徴は
自閉症の症状です。アートに保護された時、サイモンは
泣き叫んで嫌がりました。アートの事を「知らない人」と言い、
アートに懐かないけど、可愛いですね。吹き替えだったけど、
子役がオリジナルでどういう口調で言ってるか聞きたかったです。

マーキュリーを解読する能力を持つサイモンは、
何者かに狙われます。アートは友人の刑事トミー・ジョーダンに
助けを求めますが、アートはトミーから、お前はサイモンを
誘拐した誘拐犯として指名手配されていると教えられます。

トミーは自分も共犯になるので二人を匿ってあげられないと最初は
言いますが、車は貸してくれるし、味方になってくれるし、色々
協力してくれました。自分の危険を顧みず、友情に厚い男でした。

電車に乗っている時に襲われたのはかなりヤバかったです。
見付かってはいけないのに、サイモンが大人しくしていられるか。
車両を歩きドアの向こうに迫る敵。互いにドアから突き落そうと
揉み合うアート。突き出た頭の下は走行中の電車の地面!

一方、NSA でサイモンの電話を受けた二人は、国家機密を
雑誌のパズルに載せたのかと上司のクドロー中佐に激怒されます。
しかしサイモンが危ないと知り、一人はクドローが怖くて
逡巡しましたが、一人はサイモンを救おうと行動を起こします。
アートの動きと並行して二人の動きを描く構成が良かったです。

サイモンを狙うのは何者なのか?
サイモンがまたパズルを解いて再び電話を架けたので、
彼らとアートが連絡を取り、会う約束をする事が出来ました。

アートは通りすがりの女性ステイシーにサイモンの世話を頼み、
待ち合わせの場所に会いに行きました。彼の勇気ある告発で、
アートは彼がどういう身分か、サイモンを殺そうとしているのは
どういう組織の誰なのかも知ります。

彼を尾けてきていた犯人は、ショッピングセンターなのに
サイモンとアートを銃撃します。人込みで銃をぶっ放す事件は
リアルで最近も多く、怖い国だなと思ってしまいました。
アートはサイモンを連れ、夜中に休ませてくれとステイシーの家を
訪ねます。子供連れの男とは言え、不用心だなぁ。

アートと会った彼の相棒も、手紙で告発しようとします。
アートはサイモンを殺そうとしている男の正体を暴いて
警察にサイモンを保護させようとしますが、握り潰されます。
アートはサイモンを逃がすことができるのか !?

自閉症の 9 歳の男の子が国家機密を解いてしまうという
設定が面白いし、怪しい活動をしている国家機関はアメリカなら
ありそうなので、非現実的な話と思わず楽しめました。
サイモンに愛着を持ち大事な思っていたアートの気持ちが
サイモンにも伝わっていたと判るラストが、感動的でした。

テレビ東京「新春ロードショー シティハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」

ちっとも期待なんかしてなかったんだけど、面白かった!
これは紛れもなく CITY HUNTER ですよ!
お正月に放送された、’19 年公開のフランス映画です。CH の
エッセンスがたっぷり詰まった、CH 愛に溢れた作品でした。

駅の伝言板に書かれた XYZ の文字。それは街の
掃除屋 (スイーパー) シティーハンターへの依頼のサイン。
リョウと相棒のカオリは昼下がりの公園にやって来た。

現れた依頼人は、ドミニク・ルテリエと名乗る中年男性だった。
自分が持っている父親が開発した香水が狙われており、
リョウにボディガードをして欲しいというのだ。

若い女性の依頼しか受けないと文句を言っていたリョウだが、
ドミニクがその香水を彼自身に吹きかけると、
リョウの態度がおかしくなった。その香水は、
匂いを嗅いだ人を割れさせてしまう、惚れ薬だったのだ!

すると突然、公園で爆発が起き、その混乱に紛れて香水が入った
アタッシュケースが奪われてしまった。48 時間以内に
香水に付いている解毒薬を用いないと効果は一生続くという。
女に興味を持てず、このオッサンを一生愛することになるなんて!
リョウは香水を奪還に向かう!

リョウ役は主演と監督も務めるフィリップ・ラショーさん。
カオリ役はエロディ・フォンタンさん。当然 (と言っても
許されるだろうけど)、どちらも存じ上げない方でした。

リョウの背があまり高くないのと、申し訳ないけど
カオリがあんまり美人じゃないのが残念だったけど、
二人とも髪型も服装も寄せてきてくれてたので、
ぱっと見のイメージは合ってました。カオリが登場した時なんて、
服だけでこれは香だとすぐに判りました。
顔立ちはあちらの人なんだけど、似てる人を選んだと思います。

冴子も槇村も登場しましたが、何と言っても海坊主=ファルコン!
そのまんまですよ!実写化しやすいキャラではありますが、
坊主頭にサングラスと服で、完全にマンガから飛び出た状態。
吹替が玄田哲章さんなのも嬉しい。海坊主はこの人しかいない!

あの女好きのリョウが、女性の体に魅力を感じなくなり、
ドミニクが気になってしょうがない事態になるのが可笑しい。
リョウが車を運転すれば、助手席のドミニクが
「それはシフトレバーじゃない」って、それも一度じゃない様子。

月を見上げれば月の模様がドミニクの顔に見えて、
切なそうーに溜息を吐くとか、ホントにギャグが面白い。
フランスって、こんなギャグが通じるんだ!

一方のカオリはリョウの悪戯で香水を掛けられて、爆発の時に
公園にいた通りすがりのパンチョに惚れられて付き纏われます。
アパートににまで押しかけるなどストーカー入ってるから、
カオリも最初はちょっと警戒して嫌がっていました。

リョウは公園で奪われた鞄を取り返しましたが、
中身は別の物で、公園にいた別の男の鞄と入れ替わっていました。
警察のサエコが持ち主を突き止め、リョウとカオリは鞄の持ち主の
スキッピーが香水を持っているに違いない、と追いかけます。

この、パンチョとスキッピーがいいコンビでまた面白い。
リョウとカオリはスキッピーを追って、パンチョはカオリを
追うので、二人は一緒に行動して協力するようになります。

パンチョとスキッピーが乗るベッドをリョウがレッカーして
車を走らせてる時に、急カーブや急停車で飛んで行ったり、
浚われたカオリを助けに行ったリョウに付いて行ったり。

敵のアジトに何故かいるヒヨコをピッチングマシンで吸い込んで
敵のど真ん中にヒヨコ爆弾にして放出したのは笑った。
ヒヨコで攻撃って!ヒヨコがどんどん吸い込まれていくの可愛い。
これ、動物愛護な人に文句言われないか、心配になりました。

女好きなだけじゃない、リョウの鮮やかな銃の腕もちゃんと
披露されていました。盗まれた鞄を追って現れた
海坊主との病院での対決はギャグ含みで面白かったし、
敵の本拠地でのカオリと背中合わせで戦った銃撃戦は見事!
二人の息の合ったアクションがカッコいい。

股間を隠すのに CH お馴染みのアホ面カラスが出てきたり、
100t ハンマーも登場。車が原作のまんまのデザインだったり、
リョウが住むアパートも CG かも知れないけど再現、
原作を最大限取り入れようとしていたのは凄く伝わりました。

神谷明さんや伊倉一恵さんらがゲストとして出演していたのは、
声優さん達も CH に思い入れあるんだろうなと思えて
嬉しかったです。いきなり神谷さんの声が出てきた時、
リョウがこの男に変装している設定かと思ってしまいました。

香水に隠されていた事実、海坊主が誰に依頼されていたのかも、
ストーリーとして上手くできていたと思います。
槇村が殺された事件まで絡めてくるとは。香水を利用した
最後のオチも上手かった。リョウとカオリの関係の描き方も満足。
CH を良く理解している人が作ったと感じました。

フジテレビ「土曜プレミアム・映画 ドラゴンボール超 ブロリー」

惑星ベジータがフリーザに破壊される前に辺境の星に飛ばされた
サイヤ人がいた。それはベジータ王子と比べても力があり過ぎ
脅威になるとしてベジータ王に排除されたブロリー。
成長したブロリーは、フリーザ軍の一員として地球に襲来する。

これはドラゴンボールの正史ですよ!
単なるアニメオリジナル劇場版ではなく、本編の一部ですよ !!
脚本・鳥山明ご本人!さすが鳥山先生と思わせるテイストを
随所に感じさせる、正当派ドラゴンボールになっていました。

原因はベジータ王の嫉妬でした。息子のベジータ王子よりも
才能があるなんて許せないと、王はブロリーを最果ての
荒れた星に送らせました。プロリーの父親はそれを知ると
追いかけて行き、人間もいないその星でブロリーを育てました。

サイヤ人をベジータ星に集合させたフリーザが
ベジータ星を消し去ろうとしていると勘付いたバーダックは、
息子のカカロットが入った保育器を人間のいる星に飛ばしました。
悟空はこうやって地球に来たとは !! 連載始めた時、
鳥山先生、絶対こんな設定考えてなかったよね !?

バーダックはアニメオリジナルのキャラで、正式な設定として
逆輸入したと聞いた事があります。あの顔は全部野沢雅子さん。
この映画では悟飯出なかったけど、4 人分キャラ演ってますね。

悟空のママも初めて出ました。兄なんていたっけ?
と首を捻ったけど、ラディッツって聞き覚えあるなと
記憶を辿ったら、そう言えばいたいた、悟空似のサイヤ人が
地球に攻めて来た事あった!忘れてたよ。

フリーザ軍が新しい機械としてスカウターを初めて持ってきた
シーンは歴史的な瞬間でした。スーパーサイヤ人が、
実際になれるサイヤ人はいないと伝説として
語り継がれている状況も、今となっては新鮮に見えました。

そして現在へ。時系列としてはドラゴンボール超の全王様の
力の大会が終わった後。破壊神ビルス様はお付きのウイスと一緒に
ブルマの別荘で寛いでいます。すっかり地球に居付いてそう。

ブルマってスゲーなと思うのは、ビルスにも平気で対等な口を聞き
娘のブラの子守りまで任せちゃうところ。信用してるんだなぁ。
しかし破壊神も形無しです。やっぱりブルマって最強じゃね?
ドラゴンボールはブルマに始まり、ブルマに終わる。

でも、クレジットを見て思い出しました。鶴ひろみさん、
亡くなったんですよね・・・。残念です。名前を見るまでそれに
気付かなかった程、後継の声優さん、違和感ありませんでした。

ブルマはドラゴンボール (DB) を集めていました。
が、あと 1 個だったのに、ブルマの家に侵入した
フリーザ軍の手下に盗まれてしまいました。悟空とベジータ、
ウイスまで付いて行って最後の一個がある氷の大陸へ向かいます。

ブルマが集めている理由は、5 歳くらい若返りたかったから。
「どうして 5 歳なんですか?どうせならもっと・・・」
と言うウイスに、「一気に若返ったら不自然でしょ!」
あまり大幅に若返ると、整形したと言われるからだと。

一方、地球に向かうフリーザが DB を集めようとしているのは、
もう征服とかじゃなくて、「身長を 5cm 伸ばしたいんです」
何故僅か 5cm?という部下の問いに、
「一気に大きくなったんじゃ不自然でしょ!
まだ成長している感じにしたいんです !!」

ここはもう、ホントさすが鳥山明 !! と感服しました。
凄ーく下らない事で集めようとしているのも、その理由と周りの
リアクションがブルマとフリーザでシンクロしてるのも、最高!
DB 集めから話が始まる事も原点に還ったようで嬉しいし、
最後に神龍への願いが問題の解決に繋がる展開も上手いです。

文明の無い荒野のような星で父親と二人きりで育ったブロリーは、
粗野で乱暴な態度に見えますが、フリーザの元にブロリーを
連れて行ったレモとチライは、彼は心根は優しい男と知ります。

プロリーは大猿になって理性を失くして暴れるサイヤ人の特性を
大猿にならなくても発現する事があり、父親によりリモコンで
電流を流す事ができる首輪を付けられていました。

フリーザと共に宇宙船で地球に来たブロリーは、ベジータ、
悟空と闘います。最早期待されているのはバトルなので、
どんどん強い敵を作って行かなきゃ話を作れないのは判りますが、
スーパーサイヤ人化もしていないブロリーに対し、
スーパーサイヤ人ゴッドでも勝てないようじゃ、ねぇ・・・。

これまで悟空やベジータが苦労してレベルアップしてきたのは
何だったんだという気にもなります。宇宙一どころか、
別次元も含め全ての宇宙一強くなった連中の筈なのに・・・。

レモとキコリは老人と女性で、フリーザ軍では下っ端だけど、
重要なキャラでした。ブロリーと心を通わせ、ブロリーの幸せを
願っての行動を取ってあげていました。

キコリが宇宙船でお菓子をあげる行動から始まって、
「サンキュー」という言葉を教えたブロリーとの交流は温かく、
物語を貫く構成の上手さを感じました。さすが、鳥山先生!

フジテレビ「土曜プレミアム・映画 E.T.」

小学生のエリオットは、宇宙船に置いて行かれて
地球に取り残された宇宙人を庭で見つけました。
国に知られたら捕まって解剖されてしまう。
エリオットは母には内緒で兄と妹三人で彼を匿う事にし、
彼をエイリアンを意味する ET と呼ぶようになりました。

子供達と ET は楽しく暮らしていましたが、
ET は体調を崩していきました。何故か体調がリンクしている
エリオットも弱っていきました。どこから情報が漏れたのか、
ET を保護しようと政府の人間が防護服を纏って
エリオットの家に押しかけました。ET は、どうなるのか?

中学生くらいの時にテレビで見て以来、見ました。
スティーブン・スピルバーグ監督の代表作と言える大ヒット作で、
’85 年アメリカ映画です。やっぱり面白かったですね。

エリオットが ET を見つけてから、それは兄妹達の
共通の秘密になりました。地球の知識を ET に教えたり、
妹はお人形さんのように ET にフリフリの服を着せたり、
日常の細々としたエピソードが楽しいです。

母は仕事、父親はいず、子供達が学校に行って誰もいない間、
ET は子供向けの教育番組や玩具で言葉や文字を覚えます。
理屈の説明はありませんが ET とエリオットの体調が
連動するようになり、勝手に冷蔵庫を漁ってビールを
飲んじゃったら何故か学校にいるエリオットが酔っ払い状態に。
ET が死にかけたら、エリオットの命も危機に瀕します。

ET は、見た目ははっきり言って気持ち悪いです。
これを映画館で見たら子供が泣き出すんじゃないかという
外見なのですが、これを子供向けに作ったとは勇気があります。

でも、スピルバーグはこういうのが本当に得意で、
この外見でも可愛く見えちゃうんですよね。
家の中の物をいじって驚く仕草をしたり、
じっとテレビを見てる姿だったり。

ハロウィンで頭にナイフ刺さった仮装している兄を見て
「イタイイタイ」と治癒の人差し指出し手直そうとしたり、
母親のインスタントカメラのフラッシュに驚いて
ひっくり返ったり、細かいとこが面白い。
ヨーダの仮装をしてる人を見て、「おうちおうち」と
宇宙人仲間と思って呟いてたのも。

「ET おうち帰る」「おうちおうち」と
頻りに言っていたのなんて凄く可愛い。
これ、「おうち」という日本語のニュアンスもあると思います。
英語だと、大人でも子供でも Home なのでは?

ET は不思議な力も持っています。
枯れかけた花を蘇らせる力があり、その花が再び枯れる事で
ET の死を表し、花が再生するのを見て、誰に教えられる事もなく
子供たちは ET が蘇生した事を悟ります。
こういう演出はさすがに上手いです。

ET は母船と連絡を取れる道具を身の回りのもので作り、
迎えに来てくれるよう宇宙に信号を送っていました。
かなり優秀なのではと思いました。母船が迎えに来て
ET を逃がそうとする子供達の自転車が空を飛んでいくシーンは
有名で、ふわっと飛び上がった時、何故か涙が出てきました。

テレビ東京「シャーマンキング」

週刊少年ジャンプに連載され、戦いの真っ最中に
嘗て見た事がない程ぶった切りの盛大な打ち切りを食らい、
単行本描き下ろしで完結した、武井宏之先生のコミックの
アニメ化です。今はマガジンの作品のような扱いになっていて、
マガポケに掲載中。コミックスも講談社から出ています。

全 52 話。ジャンプ連載時もアニメ化されていたので、
放送開始を知った時は再放送かと思いました。何故今更 !?
リメイクされたアニメも完結まで放送し、完全版になりました。

シャーマン一族麻倉家に生まれた麻倉 葉 (よう) は、500 年振りに
開催されるシャーマンファイトに出場し、シャーマンの王
シャーマンキングを目指す。敵は千年前から転生を繰り返し、
今また葉の双子の兄として転生した、大陰陽師・麻倉葉王 (はお)!

葉の許嫁のイタコのアンナ、アイヌのホロホロ、中国の蓮、
イギリスのリゼルグ、アメリカの黒人チョコラブ。
皆シャーマンで、国も人種も様々。今流行りの多様性です。
そして周りの仲間は皆、心に暗いものを抱えています。

唯一の普通の、シャーマンじゃない人が葉の友達の小山田まん太。
実は大財閥の御曹司でホントの普通の人ではないけれど、
まん太を語り手として最後まで葉に寄り添わせていたのは、
読者と同じ目線で見るキャラを配したかったからだと思います。

葉達は持霊を自分に憑依させ霊の力と技をコピーする憑依合体、
思い入れのある物に霊を封入するオーバーソウル等で戦います。
その時の精神力が巫力。数値化でき、数百というレベルだったのが
葉王は万単位だったりして、ジャンプにありがちなインフレです。

巫力の数値化、死んで生き返ると強くなる設定はドラゴンボールの
影響が強そうです。売れ筋の設定としてジャンプ編集部が出した
アイデアなのか、作者自身のアイデアなのかは知らないけど。

武井先生のデビュー作はイタコのアンナだし、初連載が
仏ゾーンで宗教に詳しい作者だから、イニシエーションの概念は
武井先生自身がご存じだったかも知れません。

世界各地にシャーマン文化があるので、色々な種類の
シャーマンや、霊感や超常現象に関係する風習が出てきます。
こっくりさんとかエンゼルさんって、今の子達も知ってるのかな。

シャーマンファイトの本選以降の話はほぼ忘れていたので、
こんな展開だったっけと驚きました。皆一回は死んで、
でもすぐ生き返るのは、子供が見たら良くないなと思いました。

プリンセスハオとみかんは衝撃的だったので覚えてて、
アニメの画面でちゃんとみかんを出したのは、原作の再現を
重視したアニメスタッフの誠意を感じ、感激しました。

葉とアンナの過去話シリーズ「恐山ル・ノワール」は良かった。
葉がこんなにアンナに惚れていたなんて!
葉とアンナの恋の始まりを、こんなに繊細に描けていたなんて!
武井先生作詞の詞に曲が付いて、歌になっていました。

アニメで知った子供がアニメを見た後に原作を見ると、絵柄の
ギャップにがっかりするかも知れません。アニメのキャラデザが
とても良い!葉もアンナも可愛い!目の書き方が全然違います。

メインの仲間の少年達は女性の声優さんでしたね。
蓮の人は無理に低い声を出していて気の毒でした。
素直に男性の声優さんにすれば良かったのに。
アンナは林原めぐみさん、葉王は高山みなみさんで、
コナンコンビじゃないですか!二人ともノリノリに聞こえました。

みかんの先の結末がどうなったのか知らなかったので、アニメで
最後までやってくれて続きを見られたのは嬉しかったです。
その後が意外と短くて、サクサク終わって、
その終わり方も意外でした。

最終回は一気に時間が飛んで、大人になった葉たちが登場。
まだ 13 歳くらいだったとは言え、背、伸び過ぎだろ !!
葉とアンナはちゃんと結婚して、子供までいるんですよね。
そして蓮も子供が、それだけじゃなく、意外な人と結ばれて !!
アニメは既に続編が決定しているようです。主人公は、麻倉花。
Monthly Archives
Profile
HN : COOL LADY
1973 年生まれ みずがめ座
女性 独身 神奈川県出身

リンク&内容の転載は
厳禁です。守ってね!

このBlogについての説明は、
How to read CLP へ。
Blog内検索